<< 2013-04- | ARCHIVE-SELECT | 2014-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

The reason we hold Men's Belly Hafla

As you all know, most bellydance schools in Japan do not accept men.

"There's no place to change clothes" "The women are embarrassed with their mid-sections exposed" "There are frivolous men who come just to pick up girls"

They all gave so many different reasons, but it simply all came down to gender discrimination, although some without meaning any harm.
In sport clubs, in very rare few studios which allow men's participation, or in most of dance school forbidding men, there's not much different.
I will discuss this issue another time, since it will be extremely long.

Well, so how do we get rid of the gender discrimination in question here?

Should a "Let's abolish the friggin' discriminatory treatment!! Yeah!!"kind of demonstration be considered?
Should we create a pressure group, sending out interrogatories to each dance school?

No, if we do something like that, gender exclusionism trend would just get worse.
Just like the story of theNorth Wind and the Sun, the traveller would only wrap his cloak around himself tighter. (Aesop's tale's moral teaches us that superior force leaves us cold, the warmth of love dispels it.)

Even though we don't do those things, there's already the best solution.
You already know it, right?

"Showing the world that men are dancing their hearts out!"

There's no use in explaining and trying to change people's minds if they don't accpet us from their hearts.

Especially, it is important to let the students' acceptance, rather than the teachers. Even though a teacher think "I want to accept male students (into the dance school), if the students are against it most of the time the teacher will bend to their wills.

That's the reason why I still have more student dancers than professionals in this show, even though MBH became a very popular event. We would like to receive empathy (among student danceres) rather than mere interest.

In the beginning, I was thinking about assembling the male professional dancers and show everyone that men can dance well, not any less than women.

Ironicly, men are not allowed to study in dance schools in the first place! So, there are only 1-2 male professionals around!! LOL
Talk about a major set-back right from the start.

Therefore, the course of action was changed. We first start with a student hafla (recital), and create friendships among male dancers. Then, when they grow and blossom into professionals, it will be a chance!

The first show (Vol. 1) began in a venue that hosted less than 50 seats, as a domestic event with almost no promotion/advertisement whatsoever.

But as soon as the event is uncovered, cheering parties showed up the support the male dancers from their schools who got a change to shine, and the venue was totally packed!!

Hafla itself also got an extremely good review. People came praising and cheering "It was great!" "We want see more of the male dancers!"

At that point, I realized "Oh, it doesn't have to be the professionals. We just have to show everyone that we are working really hard!"

Come to think of it, most of the audiences who came to see our shows are students who are still in training themselves. Even though the performets are men, as they watched these men trying their bests, and they empathized "These people are working as hard as I am!"

"After seeing the show, I felt like I want to practice really hard!", some of the audiences said. LOL I guess they feel like they are in the same shoes (as the male performers.)

So, we are not professionals yet, but we will continue this event!
We are determined we would like as many ladies to see the show!

The second show we had was in a bigger venue, with two separate shows in the afternoon and at night. (150 audiences)

For the third show, an Egyptian male dancer, whom I unexpectely befriended with, was our guest dancer. Therefore, we rented a hall for our show for the first time. (300 audiences)

As we kept the event going, we had more fans, and the atmosphere in the community shifted to be more accepting toward male dancers.

Some dance teachers who did not allow men in their schools until that point, saw MBH and decided "We will gather our courage and try accepting male students!"

"It's our first time to see male bellydancers, and it totally changed our points of view!" said many of the women audiences.

A bellydance magazine here, as well, has specially featured a men bellydance column to show their support.

There was also a time my application for a workshop in Nagoya city was declined (as a male), but thanks to the teachers who petitioned for me I was allowed to participate in the workshop.

Of course, we've still got a long way to go.
Even now, the numbers of dance schools which allow male participants probably haven't reached 0.1% And, the "Male bellydancers are unacceptable! Disgusting! They should disappear!!"kind of verbal abuses are also very deep rooted.

But, if we get angry, we are defeated. (Well, I can't help being angry though. LOL) In the future, we must not become the North wind, but the warm Sun and keep working hard.

Personally, this event is a gender equality involved democratic movement.
But I will be careful not to make stinking debate and become a kill-joy.

I believe we can reach an understanding by peaceful way.
The way, it's named Men's Belly Hafla !!
スポンサーサイト

| 未分類 | 16時42分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

メンズ・ベリー・ハフラを開催する理由

6/21にメンズベリーハフラの会場として申請していた某公共のホールですが、「興行色が強いという判断で使うなとのお達しがありました。



非常に不本意で断固として撤回を求めていきますが、

私にも責任の一端があるかもしれません。





「私が何故、

メンズ・ベリー・ハフラ

を開催するか」





を、真面目に記したことが無かったからです。

いつかちゃんと書こう書こうと思いつつ、忙しさにかまけてました。



また、そんな真面目な文章をみんなも読みたくないだろうなあと思って。

でも「そういう風に見られてたのか!?と今回ビックリしたので、

きちんと記しておこうと思います。





ご存知のように、日本のベリーダンス教室男性の受け入れを拒む所がほとんどです。



着替え場所が無いから…、お腹を出してるので他の女性が恥ずかしがるから…、女性を目的で来る不真面目な男性がいるから…



様々な理由をつけますが、ようするに単純な男女差別です。悪意は無いけどね。

スポーツジムでも、僅かながら男性を受入れる教室でも、大部分の男性禁止の教室でも、特別に何かが違うわけではありません。



この点について書き出すとこれまた超長文になるので、それは別の機会にして、





それでは、そういった男女差別を無くすためにはどうしたらいいのだろう??



「男性差別を撤廃しろー!オー!」とかデモするんでしょうか。

圧力団体を作って、各教室に質問状など送りつけたりするんでしょうか。



いやそんな事をしたら、ますます男性排他の動きが強まるだけです。

「北風と太陽」でいったら、コートをますます着込むだけです。



そんなことをしなくても最良の方法があります。

もうお分かりですよね?





「男性がガンバって

踊っている姿を見せる」

ことです。





説得して論破したって仕方ないのです。

心から受入れてもらわないと。



特に、先生よりも生徒さんに受入れてもらう事が大事です。

先生が「男性を受入れたい…」と思っても、生徒達の大反対にあって挫折してしまうケースが多々あるのです。



私が、メンズ・ベリー・ハフラが大人気イベントとなった今でも、プロだけで占めず生徒さんを多めに登場させるのは、そのためです。

感心してもらうより、共感してもらう方が大事なのです。





私は最初、プロの男性ダンサーを集めたショーをして「男性だって女性に負けないくらい上手いんだぞ!」というアピールをして認めてもらおうと考えました。



しかしながら、そもそも教室に入れないのだから(笑)プロなんてほんの1~2人しか居ないのです。初手から頓挫しました。



なので、まずは生徒達でハフラ(発表会的な)を開催して、男性ダンサー同士で親睦を深めつつ、彼らが育ってプロになったらその時こそ……!と方針を変えました。



vol.1はそんな感じで50人も入らないような小さな会場で、ほとんど宣伝もせずアットホームに行われました。



しかし蓋を開けてみれば「ウチの教室の♂(男子)が人前で踊るですってぇ~!?と応援団でギュウギュウ超満員。(笑)



ハフラ自体も大変好評で「すごく良かった!男性もがんばって欲しい!」と、応援や祝福をたくさん頂きました。



この時、私は気づいたのです。





「ああ、プロじゃなくていいんだ!」

「頑張っている等身大の姿を

見てもらうだけでいいんだ」






考えてみれば、来ているお客さんはほとんどが自分も習ってる生徒

男性といえど一生懸命の姿を見れば、「ああ、私と同じように頑張っているんだ…!」と共感しますよね。



「なんだか観た後、むしょうに練習したくなったわ!」

という感想も複数から頂きました(笑)。自分と重ねてしまうのでしょうね。



そんなワケで、まだプロじゃないけど、このイベントは続けていこう!

なるべくたくさんの女性達に観てもらおう!と決心したワケです。



vol.2ではもっと広い場所で、昼夜2回公演にしました。(150人)

vol.3では、ひょんなことから交遊の出来たエジプト人男性ダンサーを招聘できましたので、初のホール公演となりました。(300人)



回を重ねるごとにファンが増え、「男性もアリじゃん!な空気が広がってゆきました。



これまで男性絶対禁止だった教室の先生が、メンズベリーハフラを観て「勇気を出して、(男性も)受入れてみるわ!」と決心してくれたケースもあります。



「初めて男性のベリーを観たけど、考え方が変わりました!」と感想をくれる女性もたくさん増えました。



ベリーダンス専門誌でも、男性ダンサー特集などして応援してくれました。



私が名古屋の教室主催のワークショップへの参加を断られた時は、都内の名だたる大御所先生達が大勢嘆願をしてくれ、めでたく参加の運びとなったこともあります。





勿論、まだまだ道半ばです。

男性が習えるベリーダンス教室は、おそらく全体の0.1%にも及んでないでしょう。

「男性がベリーって、あり得ない!気持ち悪い!消えて欲しい!!という悪口も已然根強いです。



でも怒ったら負けです(怒るけどw)、

これからも北風ではなく太陽となって、ポカポカ頑張らないといけません。





このイベントは私の中では、男女平等参画の民主運動なのです。

なるべくそれを臭わせないよう気をつけてますが。(だってシラけるじゃん)





きちんと話せば分かってもらえると信じています。

vol.6が無事に開催できるよう、みなさん応援してくださいね☆




| 未分類 | 20時46分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。